×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介
 
旧豊英隧道?旧白鳥隧道? - 2008年 2月23日(日)
 
そのまま2足歩行で進んでも良かったのですが…
反対側の入り口(鴨川市側)からどこまで自動車で行けるのか先に見てみて、自動車で進入が無理なら諦めて徒歩にしようと考えました。とりあえず反対側坑口を目指し、自動車を走らせました。


豊英ダム方向から来て白鳥トンネルの手前を右に入れる様になってます。雪残ってる!
何年か前まで…入って欲しくない意思表示になっていたと思いますが…何も無かったでしたっけ?

画像上部のは心霊現象ではありません。
撮影時に指が入ってしまいました。
ど素人カメラですみませんm(_ _)m



入ってみましょう…
こちらは林道みたいで良好です。



道なりに進むとポンプ小屋みたいな建物が現れます。



進行方向右には、先ほど渡った「豊英大橋」が見えます。



建物の先も道が続いているみたいです…
というのは…実は数年前に自動車でここまで来た事があったのですが、その時はこの先に土や砂利が堆積し、更に自動車が進めない様な地形になっており土砂崩れか他に転用されて道が消滅したと思っていました。
その時は夕暮れで間近で暗くて止めたんですけど。



あら…建物を過ぎてちょっと右に曲がると道が続いてます。
何かこの景色見たことあるような…



左に曲がるとアスファルト舗装がでてきました!!

…車、傷付きそうだなぁ…
ちょっと歯をくいしばって全身にも力が入る〜

……キィィ〜…ガリキィィ〜…キキィ…
もう大泣き状態(T_T)



夏はもっと最悪な状態でしょう。

それにしても…車にいっぱい傷ついているかも…(見るのが怖い!!)



キィ〜キィ〜区間を出ると…期待しちゃう地形になってきました。



!!!!
おぉぉぉぉぉ…!!
ついに隧道が現れました!!
嬉しい事に崩落等は見当たらず、自動車でも問題なくこのまま中に入れそうですよ!!



続く
 
旧豊英隧道?旧白鳥隧道? 1 2 3 4
 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介