×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介
 
旧白鳥隧道(仮称) - 2008年 2月 23日(日)
 


この日は素敵な隧道画像が撮れて、達成感に浸りながら左の画像の道を進んで帰路に着くはずだった…と言うより次の予定に行くはずだった…


先ほどの旧豊英隧道?旧白鳥隧道?レポートをお読みの方はその続きになります。
検索エンジン等でいつの間にかこのページをご覧になられた方は…ようこそお越しくださいました。
なんだこりゃ?と思われたらトップページからご覧いただければ幸いです。
もしく は旧豊英隧道?旧白鳥隧道?レポートをご覧になってから先に進んでいただけたらさらに楽しんでいただけるかもしれません。どちらの方もいらっしゃいませ。



ご主人様やその家族のために一生懸命働いた、元家具や元家電製品たち…
跡形も無く大破したりペコペコに凹んじゃっていたり… 無残である…



白鳥トンネルの所から入ってきて、まず目の前には不法投棄の山が現れました。
先ほどは自然に右に行きましたが、実は丁字路になっていて左に道がある…というか在った様です。地図ではここです。
左の画像、自動車が突っ込んでいるのがその道です。



その先には…
掘割っぽい先に隧道っぽい形!?
何年か前にここに来た時には緑色の網フェンスがあって、「きけん!!ここであそぶな!!」ってな感じの貯水池があるのだろう位にしか見えませんでした。フェンスはどこへいった??
当時はさほどオブっていなかった私にはこの掘割に気づかなかった??もったいないねぇ〜



地面に突き刺さっています。
どうしてこんなにバラバラ事件状態になっているんでしょう??



法面に土砂崩れあり!!
水道管と思われるパイプも巻き込まれてひん曲がってしまってます!!



あ…あった在った!!
緑色のフェンスの残骸が。
やっぱりフェンスは在ったんですね。



近づいてみるとやっぱり隧道…
坑口址はバッチリ塞がれていて、さらに半分位土砂に埋もれている様子です。
さらに近づくにはちょっと苦労しそうですね。
雪解けの後なのでこの辺り地面が田んぼの様な状態です。



ちょっと頑張って塞がれたであろう隧道の前にあるモジャモジャの上から来た方向を振り返ってみました。
恐らく、先ほどのフェンスは広範囲の土砂崩れにより崩壊した模様です。
その土砂を片付ける時にそこにあったフェンスや不法投棄の山も一緒にブルトーサーとかでザザーガガーとやられたようです。



ここでもう一度、自動車を停めた場所から坑口址を見ます。
左の画像には何らかの標識等が付いていたと思われる柱が残っています。
それともここに土砂崩れが発生する前に在ったフェンスと一緒に「立ち入り禁止」の看板が付いていた柱なのでしょうか??
標識と考えると、まさしく廃道に見えますが…



続く
 
旧白鳥隧道(仮称) 1 2 3 4 5 6 7 8
 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介