×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介
 
大戸見の廃道と素掘隧道 - 2008年 4月30日(水)
 
最後に、オマケと言ってはナンですが…参考程度ですが隧道の高さと幅をご紹介します。
今回(も)隧道の高さ・幅…長さ!?を測る物を持って来るの忘れてしまいました。←ドジ・ボケ・アホ
引き返す途中に隧道の中で思いつきました…隧道の高さや幅を測る方法を…


今回の一押しアイテム…

それは…このホウキ!!



だけどホウキは最近壊れたちゃったんです…
実はそのホウキの柄だけを今回は杖として持って行きました。これが凄く重宝しました!!
その柄の長さを帰ってから測りました。
「帰ってから」というのがミソで、隧道に入る前に先が折れて少し短くなったからです。
それは、調子に乗って振り回したら自分の頭に当たって折れてしまいました…マジかよ!?
長さは約95cmです。



はいぃ…もう解っちゃいましたネ!!
隧道の中間地点で、画像の様にそのホウキの柄{以後は棒(bo-)と呼びます}で幅を簡易測定してみました。棒の長さ約95cmです。
壁から壁では3メートルはあると思います。



次は、高さです。数字はウルサイので省略。
下から1本目の棒を撮って、その上の位置で2本目を撮るので手を離して、棒が落ちないウチにカメラで撮って、2.5本目は半分に折ってその上更にその上で撮る…
…ちょっとそれはできないので画像で勘弁して下さい。高さは…その棒が2.5本分です。
最大の高さは約2.4m位でしょうか。



今度は初めに見た坑口の高さ測定です。
先ほどの中間地点の高さと比べると、カメラのアングルの違いを考慮しても明らかにこちらの方が高く、棒が3本分は余裕です。
高さ最大3.1m位でしょうか。
画像で立体に見えるだけでなく、実際もこの坑口付近の高さが最大で、中に行くほど低くなっているようです。
中間地点が最低の高さでしょうか。



続いて坑口付近の幅です。
左から棒が1本目。
あれ?GIFアニメではないじゃん?



棒が2本目。
GIFアニメ多すぎたらヤカマシイ〜と思ったので、普通の画像を並べて見ました。



棒が3本目。
ほぼピッタリ棒が3本入る幅でした。
GIFアニメは容量消費しちゃうし…
(言い訳でしょ!本当は面倒臭いんじゃん!!)



名も知らぬ隧道さん、お騒がせしました。
実は…ひろキティが地図で発見した物件で、「オマエ見に行って来い!!」と言われた(夢で)ので来て見たんです。
すると、こんなに素敵な手彫隧道でした。



さぁ…
そろそろ周りも暗くなってきたし…
ライトのバッテリーも無くなったし…
お腹減ったしぃ〜帰りましょう。
(本当はエンディングBGM流れるつもり…)
♪クマの子見ていた隠れんぼ、オシリを出した子、一等賞、夕焼けこやけでまた明日〜ま〜た明〜日ぁ〜いいなぁいいなぁ人間てい…
まんが日本昔ばなしのエンディング曲!?



(この辺りでエンドタイトルとかが流れて…)
誰か〜、この妄想男を誰か止めてくれよぉ



無駄に!?ページ数が増えてしまいましたが、最後までお読み下さいましてありがとうございます。
ここで「大戸見の廃道と素掘隧道」レポート終了です。【ここまでのレポート作成完了日:2008.-5.13】
(THE END)
 
大戸見の廃道と素掘隧道 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介