×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介
 
大戸見の廃道と素掘隧道 - 2008年 4月30日(水)
 
前回4月9日に来た時はこの辺りで泥に足を捕られ苦戦を強いられました。今日こそは先へ行くぞ!!


前回は立っているだけでも大変だったので、今回は杖を持って来ました…
しかし…水は全然溜まって無く、泥も幾らか固くなっていて杖は無しでも平気でした。
でも、やっぱり無数の足跡も水溜りの跡を避けて進んでいます。



前回に手でカジった跡が残っている??
その下に何か化石みたいなのが壁に埋まっている…!?前回は余裕が無かったので気が付きませんでしたけど…



壁から木の根…??



近くで見ると…



壁から貝殻!?



近くで見ると…やっぱり貝殻!!



よく見ると、この周りには天井や壁にこの様なモノが見られます。
この辺りは大昔に川や海の底だったのでしょうか…??隆起して山になり、いつしか人間がそこに隧道を堀り、その隧道で壁の表面が段々崩れて…埋まっていた貝殻などが出てきたのでしょうか…??



いくら水が溜まっていなくても、まだクニュ…って足を捕られます。



だたの素掘隧道だと思っていたら…
思わぬ発見もあって結構楽しめました!!
まもなく出口です。



おや?犬の足跡みたいなのが無数…
そういえば 隧道に入って直ぐにもあったけど…その時は天井からの水滴でできた跡だと思い気にしていなかったんですけど…
左の画像にマウスカーソルを重ねるとその時の画像になります。ならない方はまた申し訳ありませんがここを左クリックして下さい。



今回は水溜りや深い泥ドロが無く無事にここまで来れました。



外から土砂が入り込んでいます!!しかし天井や坑口が崩れた様子は無いです。
…その時、猟犬の鈴の音みたいのが外から聞こえる…!?カランカランカラン…カラカラン…
隧道内にあった無数の足跡と犬の足跡、散弾銃の薬莢(古そうだけど)…??
隧道内に無数にあった足跡は、隧道が目的のお客さんじゃなくて、野生動物を捕獲するハンターの方の足跡だったのでしょうか??



が…、カランカラン…カラカラン……カラン…
鈴の音だけで、人間の足音は聞こえない…
もしかして、飼い主が近くに居ないで猟犬だけが外にウロウロしているのだろうか…!?
なんか怖いなぁ…前にチャリで山奥に行ったら猟犬に噛みつかれそうになり、ちかも追いかけられた事あったし…居なくなるまで隧道に隠れていようかなぁ…



【ここまでのレポート作成完了日:2008.-5.10】
続く
 
大戸見の廃道と素掘隧道 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
 
トップはじめに隧道調査リンク自己紹介